ぱんだふるライフ

薬剤師が健康、時間、お金を豊かにする情報を発信☆

【コロナ対策】キャッシュレス決済が有効。お金は誰がどんな手で触っている?

f:id:pandafullife:20200428020139j:plain

コロナの対策で1つ皆さんに提案したい。

感染予防のために現金を使わないキャッシュレス決済(できればPAYPAYかQuick PAYあたりアプリ決済)をしてほしいと。

【目次】

キャッシュレス決済を勧めるのはなぜか

小さい頃の自分の母の行動をふと思い出したからだ。

店でもらったお釣りを除菌シートで一生懸命拭いている。

なぜそんなことをするのか聞くと母は答えた。

「お金は誰がどんな手で触っているのかわからないから」

今まさにこの行動が正しいのではないであろうか。

コロナ感染は飛沫感染といって感染者の咳やくしゃみなど唾液からの感染のほかに、接触感染がある。

接触感染は感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、自らの手で周りの物に触れると感染者のウイルスが付き、未感染者がその部分に接触すると感染者のウイルスが未感染者の手に付着し、感染者に直接接触しなくても感染する経路のこと。

下記が過程される。

食べ物を買う→コロナで汚染されたお釣りをもらう→袋詰めでその手で商品の外袋を触る→食事のときにウイルスが口から入る

お金は店の商品以上に色々な人のところを回って、自分のところにやってくる。

リスクを少しでも減らしたい。

アプリでの支払い

千円札3枚、100円玉4枚、1円玉2枚など 現金払いは多く数のお釣りが返ってくる。

数が多いということは汚染されているリスクがそれだけ上がってしまう。

しかし、母のように全てお釣りを拭きあげるには大変手間がかかる。

クレジットカードの決済ならその点は楽だ。

しかし、ここで考えて欲しい。

クレジットカードは必ずカードリーダーを通す。

汚染されたお釣りを触った誰かのクレジットカードを通しているかもしれない。

そうなるとリーダーを通さずに、買い物できる方法はスマホのアプリを利用した支払いの一択だ。

スマホアプリならスマホをかざすだけで支払が済んでしまうので接触する場面がない。

ぜひ、今まで使ったことのない人もこれを期に導入して欲しい。

使用出来る店の多さや使いやすさからPAYPAYQuick PAYを勧めたい。

アプリの支払いができない店の場合、現金でなくクレジットカード払いをし、クレジットカードを除菌するといいだろう。

たくさんのお釣りが発生するよりはマシである。

キャッシュレス決済のできる店で買い物を

現金での支払いしか対応してくれない店なら、他にも似た商品を扱っている店があるならそちらで買い物をして欲しい。

PayPayが使えるお店は下記参照

PayPayが使えるお店 - PayPay

アプリでの支払いが出来る店は公式サイトに取り扱える店が載っているのだが、サイト上には載っていないが扱っている場合がある。

例えば公式サイトにないが、九州ならドラッグストアモリダイレックスなどがPAYPAYに対応している。

iPhoneをお持ちの方用
paypay_IOS

Androidをお持ちの方用
paypay_android

あとはマックスバリューやマクドナルドはQuick PAYに対応しているのでおすすめ。

支払い時間の短縮は皆が幸せに

支払いの際に現金払いでは、財布からお金を探している時間、お店の人がお釣りを渡す時間が無駄である。

感染リスクを減らすためには、人との接触を減らしたい。

支払いの時短を皆が行えれば、その分リスクは減るのだ。

レジの混雑が減れば、お店の人もあなたもほかに並んでる人も、うつすこともうつされるも減らせる。

時短は正義。

まとめ

ウイルス感染はほとんどが口か鼻か目などの粘膜から感染する。

汚染された可能性のあるものはなるべく触らないようにしたい。

はやくこの自体を終息させるためにも、キュッシュレス決済の導入を前向きに検討していただきたい。

医療に携わる身としては、事態がおさまることを切に願う毎日である。