ぱんだふるライフ

薬剤師が健康、時間、お金を豊かにする情報を発信☆

【iPad】マンガワンで漫画を読もう!アフロ田中は人生で役立つこともある!

f:id:pandafullife:20190913235228j:plain

どうもぱんこ(@pandafullife)です☆

本を買い行ったり、レンタルしに行かずとも読めるようになったのは革命だと思っています。


今回はマンガアプリのマンガワンの紹介です。




漫画を読むにあたってはiPad miniがヤングマガジンのコミックなどと同じくらいの大きさで超絶使いやすいです。

f:id:pandafullife:20190719005515j:plain

数々の漫画が世の中に存在しますが、単に楽しいものもあれば、人生に役立つものもあります。


ぱんこが人生に役に立つこともある漫画としておすすめしているマンガにアフロ田中シリーズです。

これがマンガワンでタダで読めます。

アフロ田中との出会いは大学生の頃からだったのですが(現在30代半ば)、ずっと世話になってます。

アフロ田中とは

主人公がアフロ頭の田中広という名前です。


この漫画はけっこうシリーズが続いています。

高校時代→高校中退してからダラダラ→上京→仕事辞めてぶらぶら→定職につく→結婚



人生の転機となる場面がそれぞれ盛り込まれているのもこのマンガの魅力です☆


基本主人公がだらしない性格で、もてないキャラなのですが、色々な場面で悩んだり、成長する姿に共感できます。


仕事めんどくさいから辞めちゃいたいななどたぶん皆さん考えることもあるでしょう。

彼はそれを実行してニートになったりで、自分の息子のだらし無さを母が心配したりする場面があります。

その後数年経って親が自分にしてくれていたことのありがたさに気づきます。



基本ほぼほぼアホなマンガなのですが、このマンガのいいところは、思い悩んだ主人公を含めた登場キャラクターのたまにある哲学的な考え方です。


その中でも役にたった2つの考え方を紹介します。

仏教では現実を否定することから苦しみが生まれる

もてないことに悩んだ主人公田中が、仏教の本を読みます。

そこでもてないのにもてようとするから苦しくなるという考えにいたります。

自分は自分のままでいるのが一番自然だし、しかも実はとても楽しい事


これを読んだときは、薬局長としてかなり悩んでいた時期でした。

けっこう周りを気にしていて、いかに自分が仕事ができるのかを見せるようにがむしゃらに働いていました。

承認欲求のかたまりみたいなものだったと思います。

やればやるほど仕事はどんどん増えていき、帰ったころには子供は寝ている生活でだんだんとストレスになっていきました。



考え方を自分は自分のままでいいと変えたときにずいぶん楽になり無理をするのはやめました。



Door in the face

心理学的に最初に無理な要求を言っておいて、そのあとに要求を小さくすると受け入れやすくなるという考え方です。

これは電機屋に行ったときや、自宅での電化製品の故障の修理費用の値引きなどの価格交渉ときに使っています。

妻が小心なところもあり価格交渉は基本ぱんこの仕事になっています。


まとめ


いろいろなマンガがありますが役にたつこともあります。

忙しい日々を皆さんお過ごしでしょうが、たまにマンガを読んでみるのもあなたの人生を変える素敵な出会いになることもあるかもしれません。

マンガを読むのにちょうどいい大きさのiPadはiPad miniです。

ほかにも役にたったマンガでおすすめはありますが、またいずれ紹介したいと思います。

以上ぱんこでした★

またお会いしましょう🐼